資料請求・モデルハウス見学予約

土地の風土に寄り添った
自然素材の住み良い家

創業から六十余年。私たち坂田工務店は、伝統ある社寺や日本家屋の建築に携わり続けることで技術を磨いて参りました。その歴史の中で育まれた確固たる理念。それは、自然素材を使用した日本家屋でありながら、現代の生活スタイルに沿った利便性も兼ね備える住宅を造ること。 私たちは熟練の目利きで日本全国から良質な自然素材を厳選し、お客さまの意向を汲み取って職人の手作業により便利な家造りを行って参ります。

天然木のこだわり
社寺を修繕する熟練の宮大工を自社に擁し
施工からメンテナンスまで一環して担当

伝統的な社寺や日本家屋を建築してきた坂田工務店には、高い技術と経験があります。最新施工技術の研究も欠かさず行っているため、外観は昔ながらの日本建築でありながらも中は現代的で暮らしやすい、という住宅も建築することができます。 家が完成した後も、施工を担当し家のことを知り尽くした大工がメンテナンス。末長いお付き合いで大切なお住まいをお守りいたします。

自社大工による施工
全ての部材を国産の木材で創り上げる
「木ごころブランド」の家

坂田工務店が手掛ける家は、全ての部材が天然木材。使用する木材は国産に限定し、実際に目と手で検分したものを利用しています。時には実際に何年か使用して使い心地を確かめることもあり、品質は万全です。 もちろん生きた素材ですので、ほんの僅かなズレや歪みや割れが発生することはありえます。しかし、年数が経つごとに体に馴染む感覚と自然素材ならではの温かさは、工業製品を用いて造られた家では味わうことはできないでしょう。

木ごころブランド
住宅専門誌「チルチンびと」が提唱する
「チルチンびと仕様の家」を建築

風土社が発行する住宅専門誌「チルチンびと」とは、ハウスメーカーが造る家は一切掲載せず、工務店が造る気候風土に適したエコロジカルな家を掲載し続けている雑誌のことです。坂田工務店はその編集方針に共感し、風土社チルチンびとが主催している「地域主義工務店の会」に所属しています。その会の中で取り決められた家造りにおける4つの基準「チルチンびと仕様」を当社は実践しております。
①52種類の化学物質の測定
②住む人と職人の健康を害さない建材を用いる
③木材はすべて国産材を使用
④廃棄の際に地球環境に極力負担をかけないこと
この基準を守ることで、自然にも人にも優しい家をこれからも造り続けたいと考えております。

チルチンびと広場 HP